下田開港の悲劇のヒロインしのぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 お吉をしのんで池に花を投げ入れる芸妓ら=27日、静岡県下田市

 幕末、下田開港の悲劇のヒロインとして知られるお吉をしのぶ「お吉祭り」が命日の27日、静岡県下田市で開かれた。市観光協会の主催で、多くの市民や観光客が雨の中、法要に参列した。

 芸妓だったお吉は、初代米国総領事タウンゼント・ハリスに仕えたことから「唐人」とさげすまれ、後に「お吉ケ淵」と呼ばれる川の淵(現在は池)に身を投げたとされる。

 宝福寺で営まれた法要では、竹岡幸徳住職の読経に続き、芸妓らが献花。お吉と、恋人の船大工鶴松に見立てた2匹のコイを放った。