マレーシア、北朝鮮と協議合意か 正男氏殺害事件で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 在マレーシア北朝鮮大使館=27日、クアラルンプール(共同)

 【クアラルンプール共同】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシアの中国語紙、中国報は27日、北朝鮮とマレーシアによる協議が何らかの合意に達した可能性があると報じた。正男氏の遺体の取り扱いや、マレーシアに潜伏中とされる北朝鮮国籍の容疑者らの処遇を巡る内容の可能性がある。

 マレーシアのザヒド副首相は26日の記者会見で、北朝鮮との交渉に関する声明を27日に発表すると述べたが、中国報はマレーシア政府が同日か今週中に、部分的な協議結果を発表する見通しと伝えた。

 中国報などによると、北朝鮮代表団がマレーシア入りし、非公式協議を実施。明確な結論には至らなかったという。