横審、優勝稀勢の里関を絶賛 委員長「自覚備わった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する横綱審議委員会の北村正任委員長=27日午後、東京・両国国技館

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は27日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、大相撲春場所で左肩付近を負傷しながら劇的な逆転優勝を果たした横綱稀勢の里関を絶賛する声が相次いだ。

 北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は記者会見で「委員の中にも涙したという方がいた。協会にとって大変いい結果だ。横綱になる前と変わって、自覚が備わって、落ち着いて相撲を取っていた」と高く評価した。

 春場所13日目に負傷した稀勢の里関は千秋楽で、単独トップだった大関照ノ富士関を本割と優勝決定戦で続けて下して逆転、22年ぶり8人目の新横綱優勝を達成した。