家具や家電で実店舗検討 アマゾン、米紙報道

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズは27日までに、インターネット通販大手アマゾン・コムが家具と家電を販売する実店舗の開設をそれぞれ検討していると報じた。関係者の話としている。

 購入前に実際の商品を確かめたい顧客の要望に応える。ネットから実店舗へと販路を拡大する戦略を加速する。

 家具の販売店では仮想現実(VR)の技術を使い、家具を顧客の部屋に設置した場合の様子を見せるサービスを提供するという。

 家電店では冷蔵庫や、人工知能付きの対話するスピーカー「アマゾンエコー」などを扱う。米IT大手アップルの直営店と似た雰囲気の店舗を検討している。