大リーグOP戦、青木が1安打 田中は登板へ調整

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 カージナルス戦の1回、左前打を放つアストロズの青木=ウエストパームビーチ(共同)

 【ウエストパームビーチ(米フロリダ州)共同】米大リーグは27日、各地でオープン戦が行われ、アストロズの青木はカージナルス戦に「1番・中堅」で先発出場し、3打数1安打1得点、1四球で途中交代した。チームは2―3で敗れた。

 ヤンキースの田中はチームが休養日だったが、キャッチボールなどで28日の登板に備えた。マーリンズのイチローはフリー打撃などで約1時間、調整に努めた。ドジャースの前田はブルペン入りした。

 カブスは上原がキャッチボールなどで軽めに動き、マイナー契約の川崎は打撃、守備練習で汗を流した。レンジャーズのダルビッシュは休養に充てた。