ボクシング、田中5月に初防衛戦 16戦全KO勝利の難敵と

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見でポーズをとるWBOライトフライ級王者の田中恒成。右は挑戦者の写真を手にする畑中清詞会長=28日、名古屋市

 ボクシングの畑中ジムは28日、名古屋市内で記者会見し、世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(21)が5月20日に名古屋市のテバオーシャンアリーナで同級1位のアンヘル・アコスタ(26)=プエルトリコ=と初防衛戦を行うと発表した。

 挑戦者のアコスタは16戦16勝(16KO)の戦績を誇る難敵。2月にプエルトリコで行われた同級指名挑戦者決定戦を視察した田中は「パンチが強いだけでなく、カウンターも持っていて優れたボクサー。どちらにしてもKO必至」と警戒。その上で「勝たないといけない相手。倒して勝つ」と宣言した。田中の戦績は8戦8勝(5KO)。