巨人の高木京介投手が再スタート 野球賭博関与で失格処分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 3軍の練習に参加後、取材を受ける巨人・高木京=川崎市のジャイアンツ球場

 野球賭博に関与したとして1年間の失格処分を受け、巨人に育成選手として復帰した高木京介投手が28日、川崎市のジャイアンツ球場で3軍の練習に合流し、再スタートを切った。キャッチボールや守備練習を行い「身が引き締まる思いで練習をさせていただいた。久しぶりに全体でやって正直疲れた」と語った。

 失格処分中の1年間、精神的に追い詰められて食事が喉を通らない日が続き、体重が約10キロ減ったという。今後は支配下選手登録を目指すが「先のプランよりユニホームを着てまたできるありがたみ、喜びでいっぱい」と感慨に浸った。