阪神が必勝祈願 「一丸となって優勝したい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 必勝祈願する阪神の選手ら=28日、兵庫県西宮市の広田神社

 阪神は28日、兵庫県西宮市の広田神社で必勝祈願を行い、約1400人のファンが見守る中、金本監督や選手らが参拝した。選手会長の狩野は「監督、コーチ、選手が一丸となって優勝したい」と意気込んだ。

 参拝後に京セラドーム大阪で練習し、金本監督はトス打撃を行ったドラフト5位新人の糸原(JX―ENEOS)を平野打撃コーチと密着指導。糸原は「今までと違う打球を打てている。継続して、試合で(成果を)出さないといけない」と話した。