北朝鮮との合意履行に障害か マレーシア、金正男氏殺害事件で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 クアラルンプールの北朝鮮大使館=28日(AP=共同)

 【クアラルンプール共同】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシア政府当局者は28日、北朝鮮との交渉に関し「今のところ声明を発表する予定はない」と明らかにした。両政府は北朝鮮に足止めされているマレーシア人と、正男氏の遺体や容疑者らの「交換」で合意したと伝えられたが、履行に障害が生じているとの見方が広がっている。

 マレーシアのスブラマニアム保健相は28日、遺体は依然クアラルンプールの病院に安置されていると述べた。複数の関係者によると、遺体は27日に空港に移され、北京行きマレーシア航空機の搭乗者リストに「交換」対象の容疑者らの名前があったという。