首相「介護、持続可能な制度に」 関連法改正案審議入り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 衆院本会議で答弁する安倍首相=28日午後

 安倍晋三首相は28日の衆院本会議で、審議が始まった介護保険関連法改正案について「高齢者の自立支援、要介護状態の重度化防止を図り、制度を持続可能にするため(支払い)能力に応じた負担を求める」と述べ、意義を強調した。

 改正案は高所得者の介護サービス利用時の自己負担割合を3割に引き上げることが柱。負担が増えるのは現在2割負担の人のうち、単身者で年収340万円(年金収入のみでは344万円)以上、夫婦世帯で463万円以上の人。約12万人が対象で、来年8月から実施する。