コスモHD社長に桐山氏 業界再編で経営路線の選択課題

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 石油元売り大手のコスモエネルギーホールディングス(HD)は28日、桐山浩副社長(61)を社長に昇格させるトップ人事を明らかにした。森川桂造社長(69)は代表権のある会長に就く。6月に開く株主総会後の取締役会で正式決定する。

 業界大手5社では、JXホールディングスと東燃ゼネラル石油が4月に経営統合するほか、出光興産と昭和シェル石油が合併協議中で、コスモの動向が焦点になっている。桐山氏は経営路線の選択が課題となる。

 桐山 浩氏(きりやま・ひろし)京大卒。79年大協石油(現コスモエネルギーHD)。取締役専務執行役員などを経て16年から副社長。兵庫県出身。