日ハム新球場で市の提案受け入れ 公共性条件に学園側

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロ野球日本ハムの新球場構想を巡り、札幌市が同市豊平区の学校法人「八紘学園」周辺を候補地の一つとしたことについて、土地を所有する学園側は28日、公共性ある土地活用を条件に、市の提案を受け入れる意向を表明した。日ハムが新球場を専有することに難色を示した形で、市は具体案を詰める。

 八紘学園の木村宏理事長が札幌市庁舎を訪れ、吉岡亨副市長に意向を伝達。木村理事長は報道陣に対し「市民が楽しめる広場」のような土地活用が望ましいと強調し、「日ハムだけのために球場を造るというのは、話が違う」と述べた。