阪神の藤浪、2軍戦で6回無失点 「投げられたのが収穫」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ウエスタン・リーグのオリックス戦に先発し、6回1安打無失点の阪神・藤浪=鳴尾浜

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)代表から戻ってきた阪神の藤浪が28日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(鳴尾浜)に先発し、6回を1安打で無得点に抑えた。課題の制球も乱れず無四球で「変化球、真っすぐともにカウントを取れた。投げられたことがそもそも収穫」と話した。

 WBCでの登板は1次リーグの中国戦で2イニングだけだっただけに、この日は「(登板前には)打者との実戦感覚は全然なかった」と言う。それでも序盤からテンポよく投げ込み、四回以降は直球主体で抑え込んだ。