ボクシング原田氏の叙勲祝賀会 新旧世界王者ら500人出席

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ボクシングで日本人初の世界2階級制覇を達成し、昨秋に旭日小綬章を受章したファイティング原田(本名・原田政彦)氏(73)の叙勲祝賀会が28日、東京都内のホテルで開かれ、現役の山中慎介(帝拳)井上尚弥(大橋)を含む新旧世界王者ら約500人の関係者が出席した。原田氏は「これだけの人に来ていただいて本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と笑顔であいさつした。

 原田氏は猛烈な連打を武器に、1962年に世界フライ級、65年に世界バンタム級の王座を獲得した。95年に日本人初の国際ボクシング殿堂入りを果たした。