吉田正が腰痛で開幕1軍外れる オリックス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 オリックスの福良監督は28日、腰痛で戦列を離れている吉田正を開幕1軍のメンバーから外したことを明らかにした。京セラドーム大阪で練習後に「無理して登録しても、また(再発して)10日間(抹消)というのもある」と話した。

 吉田正は22日の練習中に症状を訴え、23日に「急性筋性腰痛」と診断された。福良監督は「本人は相当悔しがっていた」と様子を説明し「選んだメンバーでやる」と全員で穴を埋める姿勢を示した。

 吉田正は新人だった昨季、出場63試合で10本塁打を放って大器の片りんをのぞかせたが、腰痛で長期離脱するなどけがに悩まされた。