ガードナー賞に遠藤氏 医学分野、スタチン発見で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 遠藤章・東京農工大特別栄誉教授(遠藤章ウェブサイトから)

 【ワシントン共同】医学の分野で重要な発見をした科学者をたたえるカナダ・ガードナー賞の今年の受賞者に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授(83)が選ばれた。ガードナー財団が28日に発表した。

 遠藤氏は製薬会社三共(現・第一三共)の研究員時代に青カビの培養液中から、体内でのコレステロール合成に関係する酵素を阻害する物質「スタチン」を発見。血中のコレステロールを劇的に低下させる効果がある高脂血症薬の開発につなげた。財団は「心臓病の予防や治療に革命をもたらした」と評価した。