19歳貴源治が新十両、夏場所 番付編成会議

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 春場所11日目、突き出しで岩崎(右)を破った貴源治=22日、エディオンアリーナ大阪

 日本相撲協会は29日、エディオンアリーナ大阪で大相撲夏場所(5月14日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、ホープの貴源治(19)=本名上山賢、栃木県出身、貴乃花部屋=の新十両昇進を決めた。

 貴乃花親方(元横綱)が育てた3人目の関取で、栃木県出身で日出ノ国以来14年ぶりの新十両。

 再十両は明生(21)=本名川畑明生、鹿児島県出身、立浪部屋=だけで、3場所ぶりの復帰となった。

 46歳の北斗龍ら8人の引退も発表された。