再配達なくしてCO2削減 環境省と企業が呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 宅配便の再配達を減らすキャンペーンのPR用ロゴマーク

 宅配便を1回で受け取って、環境やドライバーの負担を減らそう―。環境省は29日、関係業界と連携し、再配達を減らす取り組みを始めた。消費者にも協力を呼び掛け、トラックが排出する二酸化炭素(CO2)削減や、運転手の労働環境改善につなげる狙いだ。

 キャンペーンにはヤマト運輸やセブン―イレブン・ジャパン、JR東日本など約100の企業と団体が参加。配達時間を指定したり、コンビニなどでの受け取りサービスを利用したりするよう訴える。PR用のロゴマークも作った。

 これに関連し、政府は2017年度から物流業者などの宅配ボックス設置支援にも取り組む。