稀勢関は左上腕部筋損傷 加療1カ月、春巡業休場

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 春場所千秋楽、テーピング姿で優勝インタビューに答える稀勢の里関=27日、エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所で劇的な2場所連続2度目の優勝を果たした横綱稀勢の里関が、左上腕部の筋損傷で加療1カ月と診断されたことが29日、日本相撲協会関係者の話で分かった。4月2日から始まる春巡業を休場し、当面は治療に専念する。途中出場の可能性もあるという。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)によると、既に診断書を協会に提出し「もう一度ちゃんと調べる。本人は出たいだろうが、まずはしっかり治さないと」と話した。

 稀勢の里関は春場所13日目で敗れた際に負傷。けがを押して出場し、千秋楽に大関照ノ富士関に本割、優勝決定戦と続けて勝ち、逆転優勝した。