PL学園が脱退届を提出 大阪府高野連が受理

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府高野連は29日、昨年7月の全国高校野球選手権大阪大会の敗退後、休部状態となっているPL学園の硬式野球部から脱退届が提出され、受理したと発表した。

 同校野球部の奥正直克部長が脱退届とともに、正井啓介校長名で「貴連盟への非加盟の件」と題した文書を提出。「部員募集再開の予定は立っていない。再開が決定するまでの間、非加盟を決めさせていただいた」と記した。大阪府高野連によると再加盟のためには、9人以上の部員が集まった状態で新たに加盟を申請し、理事会での承認が必要になる。

 PL学園は春夏の甲子園大会で7度の優勝を果たした全国屈指の名門。