東芝、過去最悪1兆円赤字

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見で厳しい表情を見せる東芝の綱川智社長=29日午後、東京都港区の本社

 経営再建中の東芝は29日、巨額赤字を出し続けている米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。東芝の2017年3月期連結決算の純損益は、損失処理によって金融を除く国内事業会社で過去最悪の1兆100億円の赤字になる見通しだ。負債が資産を上回る債務超過額は6200億円にまで膨らむ異常事態となる。

 破綻したWHは東芝の連結決算の対象から外れる。海外原発事業のリスクを遮断し、東芝への波及を防ぐ最大の懸案がようやく決着。今後、裁判所とも調整しながらWH株を売却し海外事業から撤退する。