温暖化規制見直し、米で抗議デモ 批判相次ぐ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ホワイトハウス前で地球温暖化対策に向けた規制を見直す大統領令に抗議する人たち=28日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が地球温暖化対策に向けた規制を見直す大統領令に署名した28日、米国内では野党民主党や環境団体から「温暖化問題の取り組みに対する無差別攻撃」などと非難する声明が相次ぎ、抗議デモも行われた。

 ホワイトハウスや環境保護局(EPA)本部前には抗議する人々が集まり「(温暖化のない)世界は実現可能だ」などと温暖化対策の継続を訴えた。

 気候変動問題への取り組みで2007年のノーベル平和賞を受賞したゴア元副大統領も「大統領令がどれほど落胆させるものでも、われわれは気候変動の危機を解決しなければならない」と批判する声明を出した。