サッカー、メキシコが首位守る W杯北中米カリブ海予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トリニダード・トバゴ戦でゴールを決めたメキシコのレイエス(ロイター=共同)

 サッカーのワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選は28日、各地で行われ、メキシコは敵地でトリニダード・トバゴを1―0で下し、勝ち点10で首位を守った。コスタリカはホンジュラスと1―1で引き分けて同7の2位。パナマが同5の3位で続いた。(共同)