GWの渋滞、後半に集中と予測 高速道路各社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 昨年のゴールデンウイークに、Uターンラッシュで混雑する東名高速道路。手前は神奈川県・海老名SA

 高速道路各社は29日、ゴールデンウイーク期間(4月28日~5月7日)の渋滞予測を発表した。5連休となる後半に集中する見込みで、ピークは下りが5月3日、上りが4、5日。

 最長は45キロと予測。下りは3日朝の常磐自動車道土浦北IC(茨城)付近と中央自動車道相模湖IC(神奈川)、上りでは5日夕の関越自動車道高坂SA(埼玉)付近と6日夜の神戸淡路鳴門自動車道舞子トンネル(兵庫)出口付近で起きる見込み。

 10キロ以上の渋滞は、昨年より35回多い305回発生の見通し。昨年は5月3日午前、関越道藤岡ジャンクション(群馬)付近で発生した70・2キロが最長だった。