燃費ランキング、プリウスが首位 2年連続、国交省発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国土交通省が29日発表した2016年の燃費の良い乗用車ランキングによると、普通・小型自動車はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が2年連続で首位となった。燃費はガソリン1リットル当たり40・8キロだった。

 ランキングは16年末時点で新車販売されていた乗用車が対象。普通・小型車の2位は日産自動車の「ノート」で37・2キロ、3位はトヨタの「アクア」で37・0キロだった。10位までをHVが独占した。

 軽自動車の首位はスズキの「アルト」とマツダの「キャロル」が37・0キロで並んだ。普通・小型車3位のアクアと同じ燃費性能を示した。