エイズ感染、前年から微増 厚労省委員会が16年速報値

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 厚生労働省のエイズ動向委員会は29日、2016年に新たにエイズウイルス(HIV)への感染が判明した人は1440人だったとの速報値を発表した。前年の1434人から微増した。

 このうち、エイズを発症して初めて感染が判明したのは437人で約3割。年齢別では30代が429人と最も多かった。性別では男性が95%、感染経路は同性間の性的接触によるものが67%を占めた。

 保健所などが実施した抗体検査は約11万8千件で、2年連続減少した。

 記者会見で岩本愛吉委員長は「感染者は08年をピークに頭打ちしたようだが、検査が行きわたっているとは言えない」と述べた。