2月の車国内生産、4カ月連続増 8社、事故の反動も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自動車主要8社が29日発表した2月の国内生産台数は全体で前年同月比12・5%増の81万994台と、4カ月連続で前年を上回った。国内の新型モデルや輸出が堅調だった4社が増えた。このうち、トヨタ自動車が昨年2月に愛知製鋼(愛知県東海市)の爆発事故で生産を停止した反動から23・6%増となり、全体を押し上げた。

 スズキは、国内市場と輸出向けの生産がそろって伸び、53・5%増を記録した。マツダなど4社は前年割れだった。

 海外生産は全社が前年を上回り、全体で10・4%増の155万1009台だった。