仙台、中2自殺「いじめが一因」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見で、自殺した男子生徒の遺影を手にする父親=29日午後、仙台市役所

 仙台市泉区で昨年2月、市立南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会は29日、「いじめが自殺に至った理由の一つ」とする調査結果を市教委に答申した。

 答申書では、部活動で後輩にからかわれるといったいじめがあったと認定。成績の悩みもあり、精神的苦痛を募らせ自殺に至ったとした。一方、いじめの当事者に事情を聴けなかったとして加害者は特定せず「意図的、集中的な疎外はなかった」と言及した。

 男子生徒は生前、学校が実施したアンケートに「無視される」「きもいと言われる」と記載した。