こども園の認定取り消し、姫路 定員を大幅超過

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 私立認定こども園「わんずまざー保育園」の認定取り消しを発表する、兵庫県の担当者=29日午後、兵庫県庁

 兵庫県は29日、定員を大幅に超える園児を受け入れた同県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」について、認定こども園法に基づき、4月1日付で認定を取り消すと決定した。小幡育子園長は県、市が29日にそれぞれ開いた弁明機会の「聴聞」を欠席。認定取り消しに関し、事前に「異議はない」とする陳述書を県に提出していた。

 内閣府によると、2015年に認定こども園の普及を進める「子ども・子育て支援新制度」が始まって以降、認定取り消しは初めて。

 県によると、こども園として認定された15年3月1日時点で、定員を大幅に上回る園児が在籍していた。