中満氏、国連軍縮トップに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 国連開発計画の中満泉危機対応局長

 【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は29日午後(日本時間30日未明)、国連開発計画(UNDP)の中満泉危機対応局長(53)を、国連軍縮担当上級代表の金垣洙事務次長の後任に任命すると発表した。国連関係者らによると、日本人女性が国連本部事務局の事務次長となるのは初めて。

 国連では27日に開幕した「核兵器禁止条約」の制定交渉に反対する核保有国と推進する非核保有国の意見の対立が鮮明化しており、停滞している核軍縮を前進させるため、手腕が問われることになる。近く正式に就任する見通し。