独首相、英の交渉手順拒否

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 29日、ベルリンでの会合で英国のEU離脱について語るドイツのメルケル首相(ゲッティ=共同)

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は29日、欧州連合(EU)からの離脱通知で英国が離脱条件と並行し自由貿易協定(FTA)など将来の関係も話し合う交渉手順を求めたことについて拒否する考えを示した。首都ベルリンの会合で述べた。

 交渉の進め方について態度が不明確だったドイツが離脱条件の協議を先行させる意向を鮮明にしたことで、英国を除くEU諸国の足並みがそろった。離脱後の関係構築を急ぐ英国は今後の交渉で厳しい立場に立たされそうだ。

 一方、EU欧州議会は29日、近く採択する決議案の草案をまとめた。それによると、離脱通知は一定の条件の下で取り消しも可能としている。