テニス錦織、4強ならず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 テニスのマイアミ・オープン男子シングルス準々決勝でファビオ・フォニーニに敗れた錦織圭=マイアミ(AP=共同)

 【マイアミ共同】テニスのマイアミ・オープンは29日、米マイアミで行われ、男子シングルス準々決勝で第2シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング40位のファビオ・フォニーニ(イタリア)に4―6、2―6で敗れ、2年連続の4強進出はならなかった。

 錦織は前日の4回戦で左膝のほかに右手首を痛めた影響があり、本来のプレーができなかった。昨年準優勝のこの大会で8強に終わり、次回発表の世界ランキングは4位から7位に落ちる見通し。

 次戦はクレーコートで行われる4月24日開幕のバルセロナ・オープンを予定している。