フィギュア須藤組はフリー進めず 世界選手権第1日ペア

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ペアSPで演技する須藤(上)、ブドローオデ組=ヘルシンキ(共同)

 【ヘルシンキ共同】フィギュアスケートの世界選手権第1日は29日、ヘルシンキで行われ、ペアのショートプログラム(SP)で須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組は17位で上位16組によるフリーに進めなかった。

 スロージャンプなどの各要素を大きなミスなくまとめ、自己ベストを3・56点更新する61・70点をマークした。隋文静、韓聡組(中国)が81・23点で首位となった。