米議会、ロシア疑惑で調査要請 クシュナー氏ら20人に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 29日、ワシントンで記者会見する米上院情報特別委員会のバー委員長(AP=共同)

 【ワシントン共同】ロシア政府による米大統領選干渉疑惑を調査している上院情報特別委員会のバー委員長(共和党)は29日、記者会見し、疑惑に絡んでトランプ大統領の長女イバンカさんの夫で大統領上級顧問のクシュナー氏ら約20人に聞き取り調査を要請したと明らかにした。

 バー氏はドイツ総選挙やフランス大統領選を控える中、ロシアの選挙干渉に関する調査を急ぎ、世界に教訓を伝えたいとの考えを示した。

 委員会はトランプ氏の側近や選挙陣営関係者とロシアのつながりを調べており、疑惑に関して数千ページの資料も調査中という。