電通社長、代表取締役に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 電通の株主総会で受付に向かう人=30日午前、東京都中央区

 広告最大手の電通は30日、東京都内で株主総会を開いた。総会では山本敏博社長(58)を取締役に選任した。その後の取締役会では代表権を持つことを承認。山本氏は名実ともにトップに就き「最重要課題」と位置づける労働環境の改革を進める。

 電通は前社長の石井直氏(66)が新入社員の過労自殺に端を発した労働基準法違反事件の責任を取って1月に辞任した。常務執行役員だった山本氏は、暫定的に社長執行役員という肩書で経営を担っていた。