富岡町で複合商業施設が全面開業 福島、避難解除控え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大型複合商業施設「さくらモールとみおか」の開業式典でテープカットする関係者=30日午前、福島県富岡町

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となっている福島県富岡町で30日、大型複合商業施設「さくらモールとみおか」が全面オープンした。同町は4月1日に避難指示が一部解除。暮らしを支える拠点の完成で、住民の帰還が進むことが期待されている。

 開業式典で宮本皓一町長は「買い物環境の拠点となり、にぎわいと交流の要として復興を大きく後押しするものだ」と語った。原子力災害現地対策本部長の高木陽介経済産業副大臣は、避難解除後も政府がなりわいの再生に全力で取り組む考えを示した。

 昨年11月に飲食店3店舗と日用雑貨店が先行オープンしていた。