「豊洲は安全」と食の研究者ら 都に早期解決求める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 豊洲市場(東京都江東区)への移転問題について、食の安全性を研究する専門家らが30日、都庁で記者会見し「衛生管理面から比較すると、安全性が高いのは築地市場より豊洲の方だ」との見解を発表、都に早期の問題解決を求めた。

 見解には大学の研究者ら30人以上が賛同した。会見したNPO法人「食の安全と安心を科学する会」の山崎毅理事長は「開放型市場の築地には、一部の食品しか温度管理ができていないなどリスクがある。小池(百合子)知事が豊洲の安全宣言をすれば、都民の安心につながるのではないか」と訴えた。