空自、C2輸送機の配備開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 C2輸送機の配備を記念し、航空自衛隊美保基地で行われた式典=30日午前、鳥取県境港市

 航空自衛隊は30日、鳥取県境港市の空自美保基地で、C2輸送機の配備を記念し、式典を行った。同基地は28日に国内で初めて3機を配備。2020年度までに計10機体制とする。

 3機は来年9月まで運用試験を行う。今年12月から一部任務も開始する予定で、順次現行のC1と入れ替える。

 C2の格納庫内で行われた式典には隊員ら約540人が参加。基地司令の北村靖二1等空佐は「安全保障環境が厳しさを増す中、航空輸送力の強化は喫緊の課題であり、C2の果たす役割はとても重要だ」と述べた。