EV充電時間、3分の1に短縮へ 機器の規格改定、年内設置

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 電気自動車(EV)の普及を目指す自動車メーカーなどが会員となっているチャデモ協議会は30日、EVの充電時間を短縮するため、急速充電器の規格を改定したと発表した。新規格の充電器は自動車メーカーが今後投入する高出力バッテリー搭載モデルで利用でき、充電時間は従来の3分の1程度になる。

 同協議会は、新規格の充電器の設置を年内から高速道路のサービスエリアで始め、当面100基程度の整備を目指す。

 EVは充電に時間がかかるのが課題だった。今後、新規格の充電器と対応モデルが増えれば、EV普及につながる可能性がある。