バスの自動運転実験を公開、沖縄 実用化へ課題検証

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 自動運転の実証実験で公道を走行するバス=30日午後、沖縄県南城市

 ソフトバンクグループの「SBドライブ」とベンチャーの「先進モビリティ」(いずれも東京)は30日、沖縄県南城市の公道で実施しているバスを使った自動運転の実証実験を報道陣に公開した。内閣府の委託事業で、20日から4月2日までの期間、走行データを収集して実用化に向けた課題を検証する。

 SBドライブは、運行状況を遠隔監視するシステムを開発、東大教授らが参加する先進モビリティが車両を手掛けた。

 実験では、アクセルやハンドルを自動にして、ブレーキは運転手が担当。報道陣を乗せたバスは、全長2・4キロのコースを時速約30キロの速度で走行した。