秀岳館1―2大阪桐蔭 徳山が1失点完投

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 秀岳館戦に先発した大阪桐蔭・徳山=甲子園

 大阪桐蔭は徳山が7安打を許しながらも要所を締めて1失点完投した。内外角を突く投球がさえた。特に外角への直球、スライダーが低めに決まった。打線は六回に山田の適時打で先制。八回にも山田の適時二塁打で追加点を奪った。いずれも犠打で走者を進める手堅い攻撃が光った。

 秀岳館は先発の田浦が八回途中まで2失点と粘り強く投げた。打線は三、四回に盗塁を失敗するなど、リズムをつかめなかった。八回の木本の適時打による1点にとどまり、援護できなかった。