「組織的に違法堕胎」、遺族憤り 無資格手術事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京都武蔵野市の産婦人科「水口病院」(休院中)の医師による無資格堕胎事件で、中絶手術の数日後に死亡した女性=当時(23)=の夫が30日、弁護士を通じ「病院は組織的に違法な堕胎行為をしており、大変憤りを感じている」とのコメントを発表した。

 夫は「担当医師が指定医でないと知っていれば手術を承諾しなかった」と強調。死亡との因果関係はなかったとする警視庁の判断に「手術直後から腹痛を訴えており、亡くなってすぐに解剖が適切に行われていれば死因が解明されたのではないか。妻を失った悲しみは消えない」と訴えた。