スシロー、初値3430円 1部上場、公開価格下回る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東証1部上場を果たし、記念式典で鐘を鳴らすスシローグローバルホールディングスの水留浩一社長(手前)=30日午後、東京・日本橋兜町

 回転ずしチェーン大手「あきんどスシロー」の持ち株会社スシローグローバルホールディングス(HD)が30日、東京証券取引所第1部に上場した。初値は公開価格3600円を4・7%下回る3430円で、終値は3410円。約8年ぶりの市場復帰となり、資金調達をしやすくして出店を加速させる。

 株価は一時3380円まで下落した。30日終値ベースの時価総額は約936億円。

 東証で記者会見した水留浩一社長は「若干厳しめの評価だが、しっかりと受け止める」とした上で「人口の多い関東を中心に出店の余地は残っている。全国で候補地を探していく」と話した。