コンビニに初の津波救命艇、高知 南海トラフ巨大地震に備え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「セブン―イレブン須崎桐間南店」に設置された「津波救命艇」。右から2人目はセブン―イレブン・ジャパンの増田彰人事本部長=30日午後、高知県須崎市

 コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は30日、南海トラフ巨大地震で甚大な津波被害が予想される高知県須崎市の「セブン―イレブン須崎桐間南店」に、大津波が襲う前に逃げ込んで身を守る「津波救命艇」を設置した。コンビニへの配備は全国初。

 救命艇は25人乗りで、全長8・7メートル、高さ3・1メートル。エンジンはなく、通信機で位置を知らせて救助を待つ。徒歩での避難が難しくなる30センチの津波が20~30分で到達するという同店の駐車場に備え付けられた。

 逃げ込んだ高齢者や幼児らの身を守る現代版「ノアの箱舟」で、激しい津波で転覆しても元の状態に戻る。