特別儀仗服52年ぶり刷新 陸自象徴の緑から紺へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 陸上自衛隊が新たに導入する紺色と白の特別儀仗服を来た隊員(右から3人)。左から2人は従来の服=30日、防衛省

 陸上自衛隊は30日、国賓らを「栄誉礼」などで迎える隊員用の特別儀仗服と演奏服を52年ぶりに刷新すると発表した。陸自のシンボルカラーとして定着していた緑色から紺色にするなどデザインを大幅に変更。4月上旬から使用する。

 外国要人の来日時は、陸自の第302保安警務中隊と中央音楽隊が「特別儀仗隊」を編成。空港や皇居などで出迎え、銃を持って整列するのが儀礼になっている。

 陸自は半世紀たってデザインに改良の余地があるとして、2013年から新儀仗服の検討を開始。デザイナーのコシノジュンコさんが協力し、通気性やフィット感も向上させた。