東京のホール不足問題で取り組み 都、施設データベース公開へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京都は30日、首都圏のコンサートホールや劇場が2020年東京五輪・パラリンピックに向けた改修などで不足している問題に対応するため、今後の取り組み計画を発表した。大学や企業の施設を積極的に活用するほか、都内施設の詳細情報を一元的に得られるよう、データベースを作成して17年度中に公開する。

 首都圏では、老朽化によるホールなどの閉鎖が続いている上、五輪を控えたスポーツ共用施設の改修時期が重なり、文化関連イベントに支障が出ているとの指摘がある。

 このため、都の計画では国や関係団体と情報交換する会議を開催し、連携を強化する。