ソフトBが川崎獲得に関心 古巣に6年ぶり復帰も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 カブスから契約を解除された川崎宗則内野手=7日(共同)

 米大リーグ、カブスから契約を解除された川崎宗則内野手(35)に対し、古巣ソフトバンクが獲得の関心を示していることが30日、明らかになった。球団幹部は「調査中としか言えない」としているが、ここ数年は「うちにとって一番の起爆剤となる。100パーセント以上の戦力になると思う」とオファーを出しており、川崎が6年ぶりに日本球界に復帰する可能性もある。

 鹿児島県出身の川崎は、2000年にプロ野球ダイエー(現ソフトバンク)へ入団。12年から米大リーグのマリナーズ、ブルージェイズ、カブスでプレーしていた。