8歳女児が井戸転落、国立市

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 子どもが転落した井戸を調べる消防隊員ら=30日午後6時10分、東京都国立市

 30日午後5時5分ごろ、東京都国立市西2丁目で、井戸に子どもが転落したと東京消防庁に通報があった。近所の小学2年の女児(8)が約1時間後に救助された。頭や顔に打撲や擦り傷の軽傷を負ったが、意識ははっきりしている。

 東京消防庁や警視庁立川署によると、井戸は直径約1メートル、深さ約11メートルで底に水がたまっていた。女児が上に乗って遊んでいたコンクリートのふたが突然外れ、一緒に落下したとみられる。女児もふたも途中で引っかかって止まったという。

 現場はJR国立駅から南西約1キロの住宅街。