アジア初、客席全体が回る新劇場 東京・豊洲にオープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新劇場「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演「髑髏城の七人 Season花」。客席全体が舞台の進行に合わせて回転する=30日午後、東京・豊洲

 舞台と大型スクリーンが客席を360度囲み、客席全体が舞台の進行に合わせて回転する新劇場「IHIステージアラウンド東京」が30日、東京・豊洲にオープンした。約1300の客席で、同型の劇場はオランダに次ぎ2カ所目、アジアでは初めて。

 こけら落としは劇団☆新感線の「髑髏城の七人 Season花」。織田信長亡き後の乱世を生きる若者を描く活劇で、小栗旬さんらが出演している。

 スクリーンに壮大な風景が映し出され、観客も作品世界と一体になった感覚を味わいながら、小栗さんらが舞台を駆け抜ける様子を楽しめる。場面転換のタイミングなどに合わせ、客席全体が少しずつ回転する。