福島3町村、原発避難解除

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 避難指示が解除される福島県浪江町の中心部=30日夕

 政府は31日、東京電力福島第1原発事故で福島県飯舘村、川俣町、浪江町の3町村に出していた避難指示の一部を解除した。4月1日には富岡町でも解除される。4町村の対象住民は2月末~3月1日時点で計約1万2千世帯、約3万2千人に上る。

 東日本大震災と原発事故から6年が経過し、復興の加速が期待されるが、放射線への不安は根強く、買い物や医療を支える生活インフラは十分に整っていない。住民帰還が進むには課題が多そうだ。

 解除されたのは、政府が設定した三つの区域のうち、放射線量の高い「帰還困難区域」以外の「居住制限区域」と「避難指示解除準備区域」。